前へ
次へ

毛穴を目立たせないメイク法

近頃では、BBクリームなどで手軽で簡単に化粧をすることが可能ですが、平面的になったり、毛穴が目立ってしまう悩みを持つ人も少なくないです。
毛穴目立ちは、下地となる肌色にムラが生じ、毛穴の影ができてしまうからです。
毛穴は汗や皮脂を分泌するため、時間の経過とともにメイク崩れを起こします。
毛穴目立ちをカバーする美容メイクには、顔を立体的に見せるチークと影を飛ばすハイライトを使用することをおすすめします。
加齢によるくすみをとるオレンジと、血色を与えるピンクの2色を使用します。
オレンジ色のチークは左右とも耳から小鼻に向かって薄くのせます。
その上に丸く重ねるようにピンク色のチークを頬の一番高い位置にのせます。
残ったチークは鼻の下、まぶたにのせます。
Tゾーン、目の下、顎先にハイライトをのせると細かいシワ・たるみも目立たず立体感が出ます。
美容メイクとしてチーク・ハイライトを上手に使い、年齢に負けないイキイキとした肌づくりを目指しましょう。

美容には自分の肌質に合うメイクが大切です

女性は美容のためにメイクを行い、毛穴やくすみ、しわやしみをカバーします。
しかし、そのメイクによってお肌がダメージを受けることも少なくありません。
そのため、自分の肌に合ったメイクを選ぶことが大切です。
肌質は人によって、乾燥肌や敏感肌、脂質肌など様々です。
そのため、美容を追求するにあたっては、自分の肌質を見極めることがまず大切なのです。
なぜなら、乾燥肌の人は潤いを保つようなお化粧が適しており、敏感肌の人はお肌にやさしい成分のものでなくては肌荒れの原因となってしまうことがあります。
また、脂質肌の人は毛穴が詰まりやすいので、毛穴の奥に入り込んでしまうようなものは適していません。
このように、美容のためにはお肌に合ったメイクを選択しましょう。

Page Top